クルージングが気持ちいい季節になりました。

スラロームしつつちょいちょいオーリーしつつ

街の空気を感じながらの侘び寂びスケートが

心地よくてたまりません。

 

先日、クルージングしてたら

いつも通る交差点のちょい手前で、

潰れた銀杏の臭いで悶えてる謎の小学生と遭遇。

悶えてるというかカラダ全体でその臭ささを表現していたのです。

「うえぇぇ〜〜〜!!」「くっさぁわぁぁ〜〜ん!!」とか言いながら

体をねじらせたりクルクル回ったりしてるんですよ。

しかもひとりで。

チャーリー浜師匠を過剰にした感じです。

 

(ここが現場)

 

まぁクサい臭いを嗅ぎたい気持ちはわかるけど

潰れた銀杏だらけの上にあえてとどまり嗅ぎ続ける

とは恐れ入りました。

珍しく変態なガキを見ました。

 

僕も変態な方ですが

こっち系の変態さんは

いくら小学生でも苦手で、

かまって欲しそうにしてても絶対声かけません。

なんか面倒くさそうな奴だなぁ〜と

見て見ぬふりして

先の交差点で信号待ちしてたら

 

うしろから「こんにちは!」って。

 

さっきの銀杏小学生ですよ。

ひょっこり僕の背後から顔出して。

腹たつわ〜〜。

 

何で僕なんでしょう?

 

とりあえず「ハイ、コンニチワ」

(君の銀杏パフォーマンスには触れる気ないよ)と

急いでるフリしてその場を去りました。

 

 

ちなみにこの交差点で

変な奴によく声をかけられます、ワタクシ。

他の通行人もいるのに

なぜか僕だけロックオンされてしまうミステリー。

 

車、自転車、歩行者、老若男女、あらゆる

電気エネルギーが集中する交差点には

何らかの秘密があるに違いない。

 

 

 

 

デハマタ。